鶴間エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 鶴間校へ!

menu

鶴間エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 鶴間校へ!

 

こんにちは!

英才個別学院 鶴間校の江口です。

今回は、2018年問題ってなに?って思われている方がたくさんいると思ったので、調べてみました。

是非この機会に読んでみて下さい!!

 

2018年以降に大学進学者数が減少するというのが2018年問題と言われています。 文部科学省の推計(※1)のデータによると、18歳人口(高3生)が2018年頃からどんどん下降をしていく見通しです。 経営難や閉校に追い込まれる大学が急増すると言われており、各大学は定員確保の為、学校方針や試験制度の改革、設備環境の整備 などを急ピッチで行っているのが現状です。これにより受験にどのような影響がでるのか・・・ 一言でいうと【大学間の競争が激化】が予想されます。学生達に選ばれるような工夫、つまり特色ある新学科の設立や就職に直結する 資格取得制度を設けたりと様々な取り込みを行ってきます。 これにより、学生達の学校選びが非常に難しくなってきます。一昔前、【偏差値至上主義】であった時代はより高い偏差値の学校が 全てでした。今のように学校説明会、オープンキャンパスなどもなかった時代です。学校教育の改革、ゆとり教育の導入など様々な 教育方針の転換から就職活動にしわ寄せが来てしまいました。出身大学だけでその人物像を評価するという面接方式から 【学生の本当の力】を見抜く面接にシフトしていったのです。つまり偏差値が高い学校の人気大学も、新たな取り組みや生徒に選ばれる 努力を怠っていては負けてしまう時代になってきたというわけです。
※1参考:文部科学省「18歳人口と高等教育機関への進学率等の推移」

 

ということです!学生の本当の力を伸ばすというのは本当に難しいことだと思います。今できることは目の前の目標に向かって先を見据えた動きが取れるかどうかという事なのかなと、私は感じました。

まだまだ夏期講習受付随時行っておりますので是非よろしくお願いします!!

 

 

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー

英才個別学院 鶴間校 フェイスブック
英才個別学院 鶴間校 ツイッター
英才個別学院 鶴間校 YouTube チャンネル