鶴間エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 鶴間校へ!

menu

鶴間エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 鶴間校へ!

こんにちは!

英才個別学院 鶴間校の江口です

最近すごく暑いですね。体調を崩しやすい時期だと思いますので、気を付けて下さいね!!

今回は読解力について考えてみました。

「うちの子、読解力がないんです・・・」 英才個別学院では最低でも年に3回、お通いいただく生徒さんの保護者様と「面談」をさせていただきます。

面談では、お子様の学習状況や進路、今後の学習プランについて ご相談をさせていただいています。冒頭の言葉は、ご面談の中で保護者様よりよく伺う言葉です。

「本を読むのが嫌いだから読解ができないんです」 「読解力がないから、算数の文章題も苦手」 「どうしたら読解力が上がりますか?」 こういったご心配を解決する、読解力をつけるための方法としてよく耳にするのが、“読書をする習慣をつける” ですが、今まで読書の習慣が無いお子様に、どんな本を、どのくらい のペースで読ませれば読書の習慣がつき、読解力が向上するのでしょうか。

習い事や部活動など、小学生・中学生ともに忙しいお子様の多い現代、読書の習慣づけをご家庭で管理 していくことは非常に困難だと思います。そこで、今回お話しするのはご家庭で比較的簡単にできる読解力を向上させうための取組みです。

それは「聞く」ことです。そもそも、 読解力というのは文章を読んで内容を理解することです。 物語文(小説文)であれば、登場人物の心情の変化を読み取る[心情理解] 論説文(説明文)であれば、筆者の述べたいことを理解する[論理的読解] と文章の種類によって必要な力は異なります。

ただし、どちらにも共通して重要な力は、“文章から重要な表現を漏らさずに読み取る力” すなわち「要約力」と言い換えることが できます。この要約力は、「他人に内容を伝達する」際に最も必要とされます。学校の国語の授業のあった日、塾で国語を学んできた日はもちろん、遊び、ゲーム、漫画、趣味、 なんでも構いません。

お子様に聞いてあげてください。 「どんなお話(文章)だったの?」 「あなたはどう思ったの?」 など簡単な質問でも大丈夫です。話そう、と思ったらお子様は必至で内容をまとめようとします。順を追って、重要なことを伝えようと頭を働かせます。 これが読解力を上げる最初の一歩です。あとは、お子様から出てくるお話が、名詞・動詞だけになっていないかどうか、きちんと日本語の文を話しているかを確認してあげて 下さい。今回は読解力向上についてでした。ご参考になれば幸いです。

夏休みこのままでいいですか?

まだ夏期講習募集していますので是非連絡お願い致します!!

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー

英才個別学院 鶴間校 フェイスブック
英才個別学院 鶴間校 ツイッター
英才個別学院 鶴間校 YouTube チャンネル